挨拶(1) 事業案内(4) フリーランス/個人事業(2) PHP(9) 用語解説(6) HTML&CSS(4) フリーツール(5) Seesaaブログ(2) Windows(3) ビジネスマナー(1) Google(5) Eclipse(3) 秀丸(1) データベース(5) サイト紹介(11) 業務日報(6) 当ブログについて(1) Android(1) Unix(2) 仕事への姿勢(1) ECサイト(1) Twitter(3) サーバー(1) SEO(1) PC・周辺機器(2)

2012年07月06日

文章の最後の「拝」の意味と使い方

お仕事してる時、メールの最後に「拝」ってついてて。
こんなの↓。

「鈴木 拝」

下記サイトでお勉強させていただきました。

「拝」は同等な人や、親しい間柄にある人に使うんですね。
相手への敬意を表す時に使うそうです。

ということは、
お客様へ使うのは失礼に当たりますね。

手紙文の最後に入れる「拝」とは、どういう意味?
http://home.alc.co.jp/db/owa/jpn_npa?stage=2&sn=42


礼儀正しい人の手紙の書き方とマナー―「好印象」と「失礼」のポイントが一目でわかる!

新品価格
¥1,260から
(2012/7/11 21:20時点)




この記事が少しでも役立ったと思ったら、是非、はてなブックマークやTwitterなどで周りの方にもシェアしてもらえると嬉しいです。多くの方に読んでもらうことが出来れば、さらなる記事更新へのモチベーションアップに繋がります。
posted by horiai at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。