挨拶(1) 事業案内(4) フリーランス/個人事業(2) PHP(9) 用語解説(6) HTML&CSS(4) フリーツール(5) Seesaaブログ(2) Windows(3) ビジネスマナー(1) Google(5) Eclipse(3) 秀丸(1) データベース(5) サイト紹介(11) 業務日報(6) 当ブログについて(1) Android(1) Unix(2) 仕事への姿勢(1) ECサイト(1) Twitter(3) サーバー(1) SEO(1) PC・周辺機器(2)

2012年07月10日

[Eclipse]エディタと拡張子(.tplなど)を関連付ける

PHPの編集にEclipseを使っています。

MVCで作成する場合には、拡張子「.tpl」でテンプレートファイルを作るのですが、
デフォルトの設定だとテキストエディタが起動します。

PHPのMVC用テンプレートファイルはほとんどHTMLなので、
「Apache HTMLエディタ」と関連付けておきます。

1)ウィンドウ → 設定 → 一般 → エディター → ファイルの関連付け を開き、
「ファイル・タイプ」の「追加」をクリックして、ファイル・タイプに追加したい拡張子(*.tpl)を入力して「OK」をクリックします。

2)「ファイル・タイプ」の項目から追加したタイプ(*.tpl)を選択して、
「関連付けられたエディター」の「追加」をクリックし、使いたいエディター(Apache HTMLエディタ)を選択。
「OK」をクリックします。

Eclipseのエディタ関連付けを設定.jpg

これでファイルを開いた時に「Apache HTMLエディタ」が開くようになります。
※複数設定した場合には「デフォルト」と表示されたもの

ついでに、使いそうなエディタをすべて関連付けておきました。
こうすると、ファイルで右クリックしたときに「アプリケーションから開く」ですぐ選択できるようになります。


Eclipse PDTではじめるPHPプログラミング入門―PHP 5.3/PDT 2.1対応

新品価格
¥2,940から
(2012/7/10 14:37時点)




この記事が少しでも役立ったと思ったら、是非、はてなブックマークやTwitterなどで周りの方にもシェアしてもらえると嬉しいです。多くの方に読んでもらうことが出来れば、さらなる記事更新へのモチベーションアップに繋がります。
posted by horiai at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Eclipse | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。