挨拶(1) 事業案内(4) フリーランス/個人事業(2) PHP(9) 用語解説(6) HTML&CSS(4) フリーツール(5) Seesaaブログ(2) Windows(3) ビジネスマナー(1) Google(5) Eclipse(3) 秀丸(1) データベース(5) サイト紹介(11) 業務日報(6) 当ブログについて(1) Android(1) Unix(2) 仕事への姿勢(1) ECサイト(1) Twitter(3) サーバー(1) SEO(1) PC・周辺機器(2)

2012年07月23日

[PHP]XAMPPでcurl(PHPエクステンション)を使用するための設定方法

XAMPPをインストールした初期状態では、curl使うことが出来ません。

使うために必要な手順はいたって簡単。
php.iniの設定を変更して、Apacheを再起動するだけです。

php.iniのextention=php_curl.dll の行のコメントアウトを解除します。

;extension=php_curl.dll

となっているのを、下記のように「;」を削除します。

extension=php_curl.dll

その後Apacheを再起動。
これでphpinfo()してみると「cURL support enabled」になり、使用可能ということです。

他のPHPエクステンション(opensslなど)の追加時にも同じように対応できます。

独習PHP 第2版

新品価格
¥3,360から
(2012/7/23 10:16時点)



この記事が少しでも役立ったと思ったら、是非、はてなブックマークやTwitterなどで周りの方にもシェアしてもらえると嬉しいです。多くの方に読んでもらうことが出来れば、さらなる記事更新へのモチベーションアップに繋がります。
posted by horiai at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[PHP]PHPエクステンションとは

PHPエクステンションとは、PHPの機能を拡張するためのモジュールのことです。

標準でインストールしても、多くのエクステンションが組み込まれています。
もちろん、新たに組み入れることも可能です。

拡張機能の読み込み方法としては、php.iniで設定しておいて、PHPの起動時に読み込む方法と、
スクリプトの中でdl()関数を用いることによって動的に読み込む方法があります。

現在ロードされているエクステンションは、get_loaded_extensions()関数で取得できます。

PHP 逆引きレシピ (PROGRAMMER’S RECiPE)




この記事が少しでも役立ったと思ったら、是非、はてなブックマークやTwitterなどで周りの方にもシェアしてもらえると嬉しいです。多くの方に読んでもらうことが出来れば、さらなる記事更新へのモチベーションアップに繋がります。
posted by horiai at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[データベース]MySQLで使用出来るストレージエンジン一覧(代表的なもの)

MySQLでは多数のストレージエンジンを使用できます。
下記のストレージエンジンは代表的なものです。
※バージョン5.0以上

<MyISAM>
MySQL標準のストレージエンジンとして使用される

<InnoDB>
行ロックとトランザクションをサポートする

<Memory>
メモリ上にテーブルを配置する

<Merge>
複数のMyISAMテーブルを統合する

<Archive>
圧縮したデータベースを使用する

<Federated>
リモートのデータベースを参照する

<NDB>
クラスター構成にて使用される

<CSV>
データファイルにCSVを使用する

<Blackhole>
ダミーテーブルを使用する

基礎からのMySQL 改訂版 (プログラマの種シリーズ SE必修! )

新品価格
¥3,129から
(2012/7/22 20:09時点)



この記事が少しでも役立ったと思ったら、是非、はてなブックマークやTwitterなどで周りの方にもシェアしてもらえると嬉しいです。多くの方に読んでもらうことが出来れば、さらなる記事更新へのモチベーションアップに繋がります。
posted by horiai at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | データベース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

[データベース]ストレージエンジンとは

MySQLでテーブルを作る際に指定できるストレージエンジンとは何なのかを記述しておきます。
ストレージエンジンを理解するには、データベースのサーバがどのように動くかを理解する必要があります。
下記の手順で動きます。

1)
データベースのサーバはクライアントからSQL文を受け取ると、SQL文のパースをします。
SQL文のパースとは、SELECT文なのかUPDATE文なのか、どんな条件式がついているのかなどの解釈をすることです。

2)
どのようにデータを処理するかを決めます。
インデックスの有無や、インデックスを使った方が良いのか悪いのか、テーブルの結合方法は何が良いかなどです。
プランナやオプティマイザと呼ぶ機能が行います。

3)
実データへのアクセス処理が開始されます。
実データがどのようなファイル形式で、ディスク上にどのように格納されているかなどの情報が必要になります。
テーブル単位でファイルが分離されている場合や、1つのファイル内に複数のテーブルデータを格納されている場合などがあるためです。


この上記の3)が、ストレージエンジン部になります。
要するにストレージエンジンとは、データベースの実データの形式情報を元にアクセス処理をする機能のことです。

MySQL徹底入門 第3版 〜5.5新機能対応〜



この記事が少しでも役立ったと思ったら、是非、はてなブックマークやTwitterなどで周りの方にもシェアしてもらえると嬉しいです。多くの方に読んでもらうことが出来れば、さらなる記事更新へのモチベーションアップに繋がります。
posted by horiai at 20:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | データベース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

[PHP]$_POST、$_GETの存在確認にはisset()を使う

URLパラメータである$_GETや、フォーム送信される$_POSTに、
存在しているか確認する方法です。

下記のように書くと警告が出ます。

if($_GET["パラメータ名"])

なので、isset関数を使います。

if(isset($_GET["パラメータ名"]))

これでOK。
ある場合にはTRUEが、ない場合にはFALSEが返ってきます。

ゼロからわかる PHP超入門

新品価格
¥2,394から
(2012/7/21 03:24時点)



この記事が少しでも役立ったと思ったら、是非、はてなブックマークやTwitterなどで周りの方にもシェアしてもらえると嬉しいです。多くの方に読んでもらうことが出来れば、さらなる記事更新へのモチベーションアップに繋がります。
posted by horiai at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | PHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。